斜角筋症候群とは?

斜角筋症候群とは、首にある大きな筋肉である斜角筋が肥大し、神経や血管を圧迫してしまう疾患です。

肥大の原因として考えられるのは、腕の上げ下げや首の姿勢などです。

斜角筋が肥大していくと斜角筋隙を狭めてしまうので、斜角筋隙を通っている大事な血管や神経がダメージを受けます。

この状態が長く続くと血流が悪くなるので、痛みやしびれを感じるようになります。

筋肉による神経の圧迫なのでレントゲンやMRIなどではなかなか病態の分からない疾患です。

(斜角筋症候群は胸郭出口症候群に含まれるものです。)

斜角筋症候群の症状

斜角筋症候群の症状は、主に上半身にあらわれます。

  • 肩凝りや首の痛み、背中の凝りが続く。
  • 腕にしびれや痛みが生じる。
  • 前腕や手の小指側にピリピリ、ジンジンとした痺れを感じる。
  • 手の握力が低下し動かしにくくなってしまう。
  • 呼吸がしにくい。
  • 倦怠感。
  • 疲労が取れにくい。
  • 指先や腕の冷え。

etc…

あなたは今、どのような症状が出ていますか?

今の時点で上に挙げた症状が出ていたとしたら、とても大変な思いをされている状況かと思います。

リラクシブ整骨院ボディケアサロンでは、今の症状が改善するよう誠心誠意治療いたします。

斜角筋症候群の原因

  • パソコンやスマートフォン、タブレットを見る際の姿勢。
  • 筋力不足や姿勢の悪さ。
  • 重い荷物の上げ下げや、子供を抱っこする姿勢。
  • 首に負担がかかる姿勢になる仕事やスポーツをしている。

女性の場合は、筋肉が発達していない方が多く、腕の重みで腕神経叢が胸郭出口で引っ張られて症状が出やすくなります。

男性の場合はイカリ肩で首の短い人が発症しやすく、これは血管や神経が腕神経叢付近で筋肉などに圧迫されて血行が悪くなる為です。

病院や他の整骨院に通っても良くならない…とお悩みの方

当院に来院された方の例

https://www.relaxiv-maebashi.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

病院に通い治療をしてもらっていますが、

首や肩の凝りと痛みがなかなか良くならず悩んでいます。

もう諦めるしかないのでしょうか…?

斜角筋症候群は、正しい見立てと適切な施術をすれば、改善が期待できます。

症状があまり変わらなかったり悪化しているようでしたら、

合っていないか他の原因(例えば、小胸筋症候群や手根管症候群、トリガーポイントによる関連痛など)と合併して起こっている可能性があります。

もしも、あなたが辛い症状から出来るだけ早く解放されたいのであれば、なるべく早く適切な施術を受けることをオススメします。

上記の患者さんの場合は、当院に通っていただき治療する間に症状が改善されていきました。

長らく別の病院や整骨院に通っていたけれど症状が改善されなかった方で、当院に通って頂き症状が改善されている患者さんは沢山いらっしゃいます。

リラクシブ整骨院ボディケアサロンでは、患者様お一人お一人の痛みに寄り添い丁寧に治療いたします。

お悩みの方は是非ご相談ください。

斜角筋症候群の痛みでお悩みの方は、

前橋市の整骨院

リラクシブ整骨院ボディケアサロン

PAGE TOP