腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰には5つの骨があり、骨と骨との間にあるクッションの役割をしているのが椎間板(ついかんばん)です。

その椎間板がなんらかの理由で飛び出ること腰椎椎間板ヘルニアといいます。


腰椎椎間板ヘルニアの症状

  • 腰の痛み
  • 脇腹の痛み
  • 臀部(お尻)の痛み
  • 股関節 (足の付け根) の痛み
  • 太もも前面の痛み・しびれ
  • スネの横の痛み・しびれ
  • 足の甲の痛み・しびれ
  • 足の指のしびれ
  • 足指の裏の感覚異常
  • 排尿障害

※ヘルニアは体の左右片側に出ることが多いです。症状も片方に生じることがが多いです。

腰には上から L1/2、L2/3、L3/4、L4/5、L5/S1、と5つの椎間板があります。

そのうち下部のL4/5L5/S1の2つの椎間板にヘルニアが発症しやすいです。


腰椎椎間板ヘルニアの原因

  • 姿勢や動作に関わる環境要因
  • 骨の形や体質などの遺伝要因
  • 加齢
  • 喫煙

etc…。

姿勢や動作の例としては、長時間の車の運転、中腰での作業、重い物を持つ、等の場合が多くあります。


腰椎椎間板ヘルニアとはどういう状態??

椎間板は背骨の負担を減らすクッションの役割があります。

車で言うとサスペンションの役割をするのが椎間板です。

水分がなくなっていくことで椎間板自体の弾力がなくなり、クッションとしての役割を果たせず負担がかかり続けてしまいます。

そうすると、髄核が飛び出てしまい、ヘルニアになってしまいます。

飛び出した髄核が脊髄(せきずい)を圧迫してしまうことで、痛みやしびれの症状がでてしまいます。


病院に通っても良くならない…とお悩みの方!

https://www.relaxiv-maebashi.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

病院へ通い、薬を飲み通院中ですがなかなか良くなりません。

何度か薬を変えてみたり増やしたりしていましたが、最近手術を提案されました。

でも、出来れば手術をせず治したいのですが…

手術をするかどうか、リスクを考えるととても悩まれると思います。

もちろん早急に手術が必要な場合は病院での治療をお勧めします。

ですがこの患者さんの場合は、当院に通っていただき治療する間に症状が改善されていきました。

腰椎椎間板ヘルニアに対する施術は、リラクシブ整骨院ボディケアサロンが得意とする治療の一つです。

当院に通っていただき、腰椎椎間板ヘルニアの手術をしなくても症状が改善された患者さんは、沢山いらっしゃいます。

その他、なかなか薬で症状が改善されないとお悩みの方も、当院で治療を受け症状が改善されています。

腰椎椎間板ヘルニアは、正しい見立てと適切な施術をすれば、改善が期待できます。

リラクシブ整骨院ボディケアサロンでは、患者様お一人お一人の痛みに寄り添い丁寧に治療いたします。

お悩みの方は是非ご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みでお悩みの方は、

前橋市の整骨院

リラクシブ整骨院ボディケアサロン

PAGE TOP